ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム >  令和3年清水町長年頭挨拶を公開します

令和3年清水町長年頭挨拶を公開します印刷用ページ

 あけましておめでとうございます。清水町長の関 義弘です。
 町民の皆様におかれましては、令和3年の新年を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 また、日頃から町政に対し、ご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 町政のかじ取り役として町民の皆様の負託を受け、早いもので2年が経過しようとしています。この間、まちづくりビジョンの実現に向け、全力で取り組むことができましたのは、ひとえに町民の皆様の温かいご支援の賜物であり、今後も皆様とともに、支え合いと協働を理念とし、誰もが活躍でき、生きがいを持って暮らしていくことができるまちづくりの実現に向け、更に精進してまいります。

 さて、昨年を顧みますと、新型コロナウイルスの世界的流行とその対策に追われる一年でありました。一向に収束の兆しが見えず、世界的なイベントである東京オリンピック・パラリンピックの延期はもとより、社会経済活動が長期間にわたって制限されるなど、あらゆる場面で我慢をしなければならない状況が今もなお続いております。
 本町においてもその影響は避けられず、先行きが見えない不安などから町政運営にも暗い影を落とす中で、年末の県市町対抗駅伝競走大会において、町の部大会新記録での連覇を達成し、町史に残る歴史的な快挙を成し遂げましたことは、町にとってこの上ない喜びであり、大きな活力となっております。この皆様からいただいた活力を源に、必ずやこの難局を乗り切れるよう、町は最大限の対策を講じてまいりますので、明るい未来は必ず訪れるものと信じて、町民の皆様におかれましても、引き続き感染予防の徹底などに取り組んていただきたいと思います。

 さて、本年は、まちづくりの指針である第4次総合計画が期間満了を迎え、新たな計画によるまちづくりがスタートいたします。新計画では、関係各位からの幅広いご意見を頂戴する中、これまで培った「くらしやすさ」に一層の磨きをかけ、より多くの人を惹きつける町を目指すべく、将来都市像を「くらしやすさで未来をともにつくるまち・清水町」といたしました。
 また、新たな取り組みとして、SDGsの視点を取り入れ、本計画の実現が世界的な課題解決の一助となるよう努めることとしております。

 しかしながら、今後は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により税収が大幅に落ち込み、より厳しい財政運営が想定され、この町の確かな未来へと続く健全な財政運営を維持していくためには、中長期的な展望に立ち、時宜に適った町政を進めていかなければなりません。町の新たな魅力の発見に努めながらも、今後も選択と集中による施策の推進を図り、職員一丸となって健全かつ効率的な行財政運営に全力で取り組んでまいる所存であります。

 結びに、今後とも魅力あるまちづくりのために、町政へのより一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、本年が町民の皆様におかれましても、明るく幸せな年となりますよう心からご祈念申し上げ、新春の挨拶とさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

清水町 総務課 庶務係 (役場3階)
〒411-8650 静岡県駿東郡清水町堂庭210番地の1
電話番号:直通電話(055-981-8230)

お知らせ