ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 福祉・健康 > 健康・医療 > 新型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました

新型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました印刷用ページ

 町では、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」及び「静岡県新型インフルエンザ等対策行動計画」に基づき、「清水町新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定しました。
 この計画では、病原性の高い新型インフルエンザや未知の新感染症が発生した場合に、感染拡大を可能な限り抑え、町民の生命及び健康を守ることと、町民生活及び地域経済に及ぼす影響を最小とするため、町が実施する新型インフルエンザ等対策に関する基本的な方針及び各発生段階における対策を定めてあります。
 町は、国、静岡県、医療機関、ライフライン事業者等の関係機関と連携・協力し総合的に対策を推進します。
 

新型インフルエンザとは

 新たに人から人に伝染する能力を持ったウイルスを病原体とするインフルエンザや、かつて世界規模で大流行したインフルエンザで、その後流行したことなく長期間経過し、現在の人々が免疫を獲得していないインフルエンザです。
 毎年流行する季節性のインフルエンザとは異なり、ほとんどの人が免疫を持っていないため、ウイルスが人から人へ効率よく感染し、世界的大流行(パンデミック)となるおそれがあります。

各発生期の主な対策

各発生期の対策の目標
◎未発生期
 発生に備えて情報収集や体制の整備を行います。
◎海外発生期
 国内への侵入をできるだけ遅らせ、国内発生の早期発見に努めます。状況により、町対策本部や相談窓口を設置します。
◎国内発生早期
 感染拡大をできる限り抑え、積極的な情報提供を行うほか、町民への予防接種を行ったりします。
◎国内感染期
 被害軽減、医療体制の維持や町民生活・社会経済の維持に努めます。積極的な情報提供や町民への予防接種を継続します。
◎小康期
 流行の第二波に備えます。

 各発生期における、実施体制、サーベイランス(調査、監視)・情報収集、情報提供・共有、予防・まん延、医療等、町民生活・地域経済の安定の確保等対策について示してあります。

清水町新型インフルエンザ等対策行動計画はこちらから

このページに関するお問い合わせ

清水町 健幸づくり課 保健予防係
〒411-0903 静岡県駿東郡清水町堂庭63番地の1
電話番号:直通電話(055-971-5151)