ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 福祉・健康 > 健康・医療 > 脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症印刷用ページ

概要

 脳脊髄液減少症とは、交通事故やスポーツ外傷などが原因で脳脊髄液(髄液)が漏れ減少することで、頭痛、めまい、吐き気などの症状が慢性的に現れる病気であるとされています。
 現在、この疾患は、国により医学的な研究が進められています。
 確立した治療法はまだありませんが、現段階で効果的な治療法としては、髄液の漏れている周辺に血液を注入し、血液が固まることを利用したブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入法)があります。
 脳脊髄液減少症の診療可能な医療機関は、静岡県のホームページで公開しています。

このページに関するお問い合わせ

清水町 健幸づくり課 保健予防係
〒411-0903 静岡県駿東郡清水町堂庭63番地の1
電話番号:直通電話(055-971-5151)