ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 子ども・教育 > 母と子の健康 > 1歳未満の赤ちゃんに『はちみつ』を与えないで!

1歳未満の赤ちゃんに『はちみつ』を与えないで!印刷用ページ

平成29年4月に、東京都内において、はちみつを食べたことを原因とする乳児ボツリヌス症により、生後5か月のお子さんが亡くなりました。
乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児に特有の病気です。
1歳未満では、腸内環境がまだ整っていないため、経口的に摂取されたボツリヌス菌が腸内で増え、その際につくられる毒素によって発症します。
乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満のお子さんには、はちみつを与えないでください。
また、ボツリヌス菌は熱に強く、通常の加熱調理では死滅しないため、はちみつを1歳未満のお子さんの離乳食に使ったり、はちみつ入りの加工品を与えたりすることも避けてください。

なお、はちみつ自体はリスクの高い食品ではありません。1歳以上の方がはちみつを口に入れても問題はなく、発症することはありません。

このページに関するお問い合わせ

清水町 健幸づくり課 保健予防係
〒411-0903 静岡県駿東郡清水町堂庭63番地の1
電話番号:直通電話(055-971-5151)