ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 行政情報 > 町長の部屋 > 今月のことば > 平成31年2月 今月のことば

平成31年2月 今月のことば印刷用ページ

この「今月のことば」は、原則毎月1日に行っている定例三役課長会議において、私の様々な思いを1枚の資料(町長MEMO)に綴り、各課長を通じて職員に発信しているメッセージです。私の思いの一端を感じていただければ幸いです。

2月1日 定例三役課長会議

平成31年2月 今月のことば平成31年2月 今月のことば(自筆)

このことばに込めた思い

・早2月を迎え、寒さの中にも春の兆し感じられるようになってきました。先月の定例三役課長会議で「心がけ一つで自分が進化する」ことについてお話しましたが、それを具現化し、職員の皆さんにどうわかりやすく伝えたらよいか考え、今月は数値化してみました。朝の挨拶などもそうですが、自分は挨拶をしたと思っていても、気持ちが届いていないこともあります。心を通わせ、こちらの思いを相手に伝えることが何より大切です。
 
熱意、努力、スピードを相乗の和で表現しました。例1のように当たり前に1の力を出しているだけでは何も生まれませんが、例2、例3のようにどの力もほんの少しアップすると結果が大きく変わってきます。例4のように、例えばたった1つスピード感が欠けているだけでも、結果は半減してしまいます。何事も常にスピード感を持って取り組むことが大事です。
 
・「心がけ一つで自分が進化する」とは、数値で示したように人の力が相乗の和になって現れるということに通じます、個々の心の中にほんの少しブレーキをかけるような思いがあると、それは周囲の人にも影響します。各課においても1人ブレーキ役がいると、皆の意識が低下します。1人がよい効果を生むとそれは自信となり元気と知恵が出て、周囲によい影響を及ぼします。

 

このページに関するお問い合わせ

清水町 総務課
〒411-8650 静岡県駿東郡清水町堂庭210番地の1
電話番号:秘書係(055-981-8230) / 庶務係(055-981-8230) / 人事係(055-981-8231) / 管財係(055-981-8237)