ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 行政情報 > 町長の部屋 > 今月のことば > 平成31年1月 今月のことば

平成31年1月 今月のことば印刷用ページ

この「今月のことば」は、原則毎月1日に行っている定例三役課長会議において、私の様々な思いを1枚の資料(町長MEMO)に綴り、各課長を通じて職員に発信しているメッセージです。私の思いの一端を感じていただければ幸いです。

1月4日 定例三役課長会議・まちづくり経営者会議

平成31年1月 今月のことば平成31年1月 今月のことば

このことばに込めた思い

・新しい年を迎え、課長及び課長補佐の皆さんには恒例の書き初めを出展していただきしました。この書き初めは13日に開催される成人式まで地域交流センターに展示をし、町の未来を担う新成人の皆さんにこの書に込めた町職員の思いを感じていただきたい思います。
・本年は天皇陛下の御退位により、5月には皇太子殿下が即位され、平成から新元号に変わる新たな時代を迎える過渡期にあります。そういう時だからこそ、職員の皆さんは時代の変化に耐えられる未来を創るよう心掛けていただきたいいます。町民の皆様と共に町の未来を創るのは、私たち職員の責任であります。特に課長各位は各課職員の指導をしっかりとしていただくようお願いします。
・この2日間の箱根駅伝をテレビで観戦し、大いに学ぶところがありました。今朝の新聞に青山学院大学原監督のコメント「私の采配ミス。チャレンジする気持ちが私の中に低下していた」と掲載されていました。人は進化を止めた時点で退化します
私たち職員も常に自らの心がけ一つで自分が進化できることを念頭に置き、前進していただきたいと思います。
・私は3期12年の職務を全うし、本年4月をもって町長の職を退き、新たなリーダーにその役目を引き継ぐこととなります。就任当初のごみ・し尿問題における沼津市との信頼関係の回復に始まり、これまで様々な問題に取り組んでまいりましたが、どんなときも町民の皆様のお力をお借りし、時には厳しい声や御意見をいただきながら歩んできました。残任期間におきましても禅語の「行いては到る水窮まる処」の心境で町民の皆様と心を一つにし、引き続き全力で取り組んでまいる所存です

 

このページに関するお問い合わせ

清水町 総務課
〒411-8650 静岡県駿東郡清水町堂庭210番地の1
電話番号:秘書係(055-981-8230) / 庶務係(055-981-8230) / 人事係(055-981-8231) / 管財係(055-981-8237)