ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 行政情報 > 町長の部屋 > 今月のことば > 平成30年8月 今月のことば

平成30年8月 今月のことば印刷用ページ

この「今月のことば」は、原則毎月1日に行っている定例三役課長会議において、私の様々な思いを1枚の資料(町長MEMO)に綴り、各課長を通じて職員に発信しているメッセージです。私の思いの一端を感じていただければ幸いです。

8月1日 定例三役課長会議・まちづくり経営者会議

平成30年8月 今月のことば平成30年8月 今月のことば(自筆)

このことばに込めた思い

・町制施行55周年を迎える今年度も5か月目に入り、町をクローズアップしてもらえるような取組を各課で御尽力していただき感謝しています。
 
30か所以上まちづくり懇談会を実施していますが、その中で大半の意見が、柿田川をいかにして私たちの身近に取り入れ、後世に引き継いでいくか、清水町の誇りである「玉水 百齢の水」の柿田川を未来ある子どもたちに伝えていくかという声です。55周年の節目に、ペットボトルの柿田川の水を今以上にPRしていく取組は、取水権などの課題もあり検討すべき点がたくさんあるが、今後も広く町内外に発信していきたいと思います。
 
柿田川に関することに限らずどんな施策についても、職員の皆さんは心に限界の壁を作らず、どうしたら実現できるか、お互いに刺激し合い、業務に臨んでいただきたいと考えています。特に管理職は、頼まれて誰かの手伝いをしているのではなく、積極的に責任ある立場を担っていただいています。どんな拙い意見でもどんどん提案していただき、その中から新しいアイデアが浮かび、道が開けてきます。「責任ある人は伸びる」と言われているので、大いにその力を発揮してください。
 

このページに関するお問い合わせ

清水町役場
〒411-8650 静岡県駿東郡清水町堂庭210番地の1
電話番号:055-973-1111