ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 行政情報 > 町長の部屋 > 今月のことば > 平成30年4月 今月のことば

平成30年4月 今月のことば印刷用ページ

この「今月のことば」は、原則毎月1日に行っている定例三役課長会議において、私の様々な思いを1枚の資料(町長MEMO)に綴り、各課長を通じて職員に発信しているメッセージです。私の思いの一端を感じていただければ幸いです。

4月2日 定例三役課長会議

平成30年4月 今月のことば平成30年4月 今月のことば(自筆)

このことばに込めた思い

・いよいよ平成30年度がスタートし、今日から町制施行55周年の年が始まりました。1つの大きな節目であり、大きな記念事業をすることも大切ですが、それと同じくらい大事なのが、日々の業務を着実に進めていくことです。

・「いつもありがとう」と課長会の資料に記したが、常にあなたがいるから今の自分があるという気持ちで、地位や役職に関係なく心から一人ひとりに対し感謝の気持ちを持ってください。課長がいられるのは課員がいるからだと思い、課員に対し「よくやった」という評価をしていただきたい。心に輝きを持って何事にも全力で臨めば、よい考えが浮かびヒントが生まれます。公務員は全体の奉仕者であり、人や地域に幸せをつくっていくのが仕事です。様々な軋轢があるかもしれないが、負けずに頑張っていただきたい。

・ビジターセンターや図書館・保健センター複合施設の建設に対し、一部に反対意見もあるが、町はハコモノ建設を目的としているのではなく、ハコモノを建設することで、人づくりをする場所ができ、人を育て、町民の健康の維持や管理をしていく場所を建設することを目的としています。

このページに関するお問い合わせ

清水町役場
〒411-8650 静岡県駿東郡清水町堂庭210番地の1
電話番号:055-973-1111