ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 子ども・教育 > 幼稚園 > 幼稚園・認定こども園(幼稚園部)の利用者負担額(保育料)について(1号認定)

幼稚園・認定こども園(幼稚園部)の利用者負担額(保育料)について(1号認定)印刷用ページ

2018年4月1日 更新

平成27年4月にスタートした「子ども・子育て支援新制度」では、制度に移行する幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育事業を利用する際の利用者負担額を、国の定める水準を限度として市町村が定めることとなっています。 清水町の住民が適用になる幼稚園・認定こども園の保育料については以下のとおりです。
※保育料は、町内の町立幼稚園に通う場合と町外の新制度に移行した幼稚園・認定こども園に通う場合に分かれています。
※この利用者負担額のほか、利用する施設により、実費徴収や上乗せ徴収が行われる場合があります。実費徴収、上乗せ徴収の詳細については、各施設にお問い合わせください。
※町外の私立幼稚園で、新制度に移行しない幼稚園は各幼稚園で保育料を定めます。このページに記載の表ではありませんので、御注意ください。

保育料の算定方法と見直し時期

子ども・子育て支援新制度開始に伴う、保育料の算定方法と見直し時期は以下のとおりです。

保育料の算定方法

  • 父と母の市町村民税課税額(配当控除、住宅借入金等特別控除、寄附金税額控除等適用前)を合算した金額から算定します。  
  • 生計中心者が父母でない場合は、生計中心者の課税額により算定します。

見直し時期

毎年、4月と9月の2回保育料の見直しを行います。
(1)4月・・・4月〜8月分の保育料を前年度の課税額により算定します。
(2)9月・・・9月〜3月分の保育料を当年度の課税額により算定します。

平成29年度の改正について

国の制度改正に伴い、下記の世帯における保育料の優遇措置が拡充されます。

  • 町民税非課税世帯の多子軽減の拡充
町民税非課税世帯(利用者負担額基準表の第20階層の世帯)においては、第2子以降の保育料が半額から無料に変更になります。
  • 年収約360万円未満相当のひとり親世帯等に対する優遇措置の拡充
年収約360万円未満相当世帯である利用者負担額表の第30階層のひとり親世帯の利用者負担額について、保護者と生計を同一にする最年長の子どもから順に2人目以降が無料となります。(継続)

なお、平成28年度から本町の保育料は第2子半額、第3子以降は無料となっています。

町立幼稚園の利用者負担額(保育料)

  • 本町の教育認定の保育料(授業料)は、国基準額から軽減して設定しております。

町外新制度に移行した幼稚園・認定こども園(幼稚園部)の利用者負担額(保育料)

※町外の私立幼稚園で、新制度に移行しない幼稚園は各幼稚園で保育料を定めます。この表ではありませんので、御注意ください。

  • 本町の教育認定の保育料(授業料)は、国基準額から軽減して設定しております。

このページに関するお問い合わせ

清水町 こども未来課 児童育成係 (役場2階)
〒411-8650 静岡県駿東郡清水町堂庭210番地の1
電話番号:直通電話(055-981-8227)